Medical Book Market日本医書出版協会認定医学専門書店

高陽堂書店

メールマガジン会員様募集中

◇総合内科病棟マニュアル

総合内科病棟マニュアル

臓器システム別に全13パート。頻度の高い疾患・病態を並べ、各章は時系列に、病歴・身体所見、初期マネジメントに始まり、退院後のケアの引き継ぎ・再入院率低下のためのアクションプランまでを扱う。「総合内科」を謳うに値する網羅性と均質な記載、さらにエビデンス、国内外のガイドラインをふまえつつ、日本の保険診療に即した実践的な記載を追求。雑誌「Hospitalist」にかかわる編集陣、執筆陣を中心に「総合内科でここまでカバーできていれば専門科との連携が円滑に進む」事項を厳選。ジェネラリスト必携、若手医師にとってはスターターキットとして活用できる、これからの病棟マネジメントに必携の「純国産」スタンダードマニュアル。
詳細カゴに入れる

◇総合診療専門医マニュアル

総合診療専門医マニュアル

総合診療医の臨床能力向上を目標としたマニュアル書の決定版。初期診療で見逃してはならない重大疾患につながる症状・症候や、遭遇頻度別の「疑うべき疾患」リスト、「主要疾患スクリプト」から正しい診断へつながるテクニックを解説。ジェネラリストが遭遇する全身の症候、主要疾患の診かたを小児から高齢者まで1冊で網羅。総合診療専門医をめざす医師だけでなく、指導医、家庭医や病院総合医などプライマリ・ケアに携わる実地医家必携の一冊。
詳細カゴに入れる

◇総合診療徹底攻略 100のtips

総合診療徹底攻略 100のtips

総合内科を学んだことのある医師ならば当然知っていることも,専門研修のみを受けてきた医師からすると理解が及ばない事は多々ある.本書では,総合診療の現場で日常的に見られるにも関わらず,あまり知られていない事例を含め100例厳選.現場の状況が思い浮かびやすい臨場感のある会話形式で始まり,解説はスピーディに答えに行きつくよう,簡潔かつ明瞭に記した.実際に著者が経験したピットフォールを回避するテクニックが満載だ.
詳細カゴに入れる

◇ケーススタディで学ぶ がん患者ロジカル・トータルサポート

ケーススタディで学ぶ がん患者ロジカル・トータルサポート

本書は、ロジカル・トータルサポートの指南書であり、患者とのコミュニケーションを通じて患者の病状に応じた論理的かつリスクマネジメントにつなげる「先読み臨床力」を身につけるためのヒントとなり、ケーススタディを通じて患者の状態をロジカルに読み解き、その知見をもとに処方設計を行って医師・看護師とのカンファレンスで薬学的な視点で提案するまでを解説します。
詳細カゴに入れる

◇こんなに役立つpoint of care超音波

こんなに役立つpoint of care超音波

救急ICU、一般外来、在宅医療など、さまざまな場面で役立つpoint of care超音波の活用法を基礎知識と具体例を挙げて解説。
詳細カゴに入れる

◇日本プライマリ・ケア連合学会 基本研修ハンドブック

日本プライマリ・ケア連合学会 基本研修ハンドブック

家庭医・総合診療医を目指す研修医必携の学会公認テキスト!

日本プライマリ・ケア連合学会の編集による家庭医療専門医,総合診療専門医を目指す医師のための研修ハンドブック.資格認定のために避けては通れないポートフォリオの作り方のほか,プライマリ・ケアの基本概念を学ぶための道筋やヒントを示してくれる.学習者にはもちろん,指導医にとっても有用な参考資料となる一冊.
詳細カゴに入れる

◇肝疾患レジデントマニュアル 第3版

肝疾患レジデントマニュアル 第3版

C型肝炎は経口薬で95%が治る時代-激変する肝疾患診療の最新知識を収載
基本コンセプトは、研修医をはじめとする経験の浅い若手臨床医にとって、真に役立つ知識をコンパクトにまとめること。今版では、専門医取得をめざす臨床医にも広く読んでもらうことを想定し、基本的なことや教育的な内容には多くのページを割かず、読者が本当に知りたいこと、最新知見を効率よく学ぶことができることに力点を置いた。臨床現場のみならず、昨今の肝疾患診療の知識の整理にもぜひご活用いただきたい。
詳細カゴに入れる

◇消化器内視鏡ハンドブック改訂第2版

消化器内視鏡ハンドブック改訂第2版

このたび発刊から5年を迎えるにあたり,現状の内視鏡診療の進歩に即した内容とすべく「消化器内視鏡ハンドブック改訂第2版」を刊行することとなった.編集には,なにより最新の情報を素早く読者に届けることを目指した.
各論では,本書が力を入れている実技につき,①基本手技の実際とコツ,②困難例への対策とコツ,③偶発症と処置後の管理,と事細かに示されている.どうか実践に役立たせていただきたい.
詳細カゴに入れる

◇手稲渓仁会病院消化器病センター胆膵Clinico-Pathological Conference 厳選36例から学ぶ

手稲渓仁会病院消化器病センター胆膵Clinico-Pathological Conference 厳選36例から学ぶ

手稲渓仁会病院消化器病センターでこれまで行われた690例のCPCから36例を厳選。豊富な画像所見・病理所見を掲載し、診断・治療へと導くノウハウを解説する。実際の診療過程に沿って解説された要点を読み進めることで、胆・膵診療の実力が身につく。症例ごとにディスカッションのポイントをQ&A形式で、各疾患の要点や画像所見のポイントを「ミニレクチャー」で分かりやすく解説した。胆膵の非専門医や若手医師にもおすすめの一冊。
詳細カゴに入れる

◇小児消化器内視鏡ガイドライン2017

小児消化器内視鏡ガイドライン2017

日本小児栄養消化器肝臓学会を中心に,日本小児外科学会,日本消化器内視鏡学会,日本小児麻酔学会,日本小児内視鏡研究会の協力を得て,治療を除く診断を目的とした小児消化器内視鏡診療の標準的な考え方を示した.小児特有の対応を要する鎮静・麻酔,機器,インフォームド・コンセントまで網羅し,患者・代諾者向けの説明・承諾書など臨床現場で役立つ資料も充実.小児消化器内視鏡に関わるすべての医師・医療従事者必携の1冊!
詳細カゴに入れる

◇糖尿病専門医研修ガイドブック 改訂第7版

糖尿病専門医研修ガイドブック 改訂第7版

日本糖尿病学会専門医認定委員会による「糖尿病専門医研修カリキュラム」に準拠したガイドブックの改訂第7版.改訂にあたっては,2014年発行の改訂第6版を精査・再構成し,情報をアップデート.また近年,重要度が増す医療安全・医療倫理についても、より多くの頁を割いて解説するなどさらに内容を充実させた.日本糖尿病学会が総力を結集したスタンダードテキストであり,糖尿病専門医を目指すすべての医師必携の書!
詳細カゴに入れる

◇なぜパターン認識だけで腎病理は読めないのか?

なぜパターン認識だけで腎病理は読めないのか?

臨床に還元できる腎病理の“読み方”をナビゲート!
臨床に活かせる病理診断のあり方と実践について、「腎病理に詳しい病理医」と「腎生理を専門とする臨床医」が徹底トーク。腎病理を読み解くために必要な“本当の知識”と、病理所見から得るべき“真の情報”の輪郭を、2人の専門家のクロストークが浮き彫りにする新感覚の病理解説本が登場!
詳細カゴに入れる

◇グロスマン・ベイム 心臓カテーテル検査・造影・治療法

グロスマン・ベイム 心臓カテーテル検査・造影・治療法

心臓カテーテル検査,心血管造影,ならびに特殊カテーテル法について理論から実践までをわかりやすい図表や写真を用いて明確かつ簡潔に解説した定本の原書8版.今改訂では,心臓カテーテルに併用する薬物療法,橈骨動脈穿刺法,冠動脈奇形,急性心筋梗塞に対するインターベンション,心臓の細胞治療などを含めた12の章が新設され,図表はフルカラーとなった.心血管インターベンション専門医だけでなく,循環器医や研修医にも頼りになる一冊.
詳細カゴに入れる

◇無刀流整形外科 メスのいらない運動器治療

無刀流整形外科 メスのいらない運動器治療

“無刀流”とは、エコーやCT、MRIを駆使して患部の的確な診断を進め、痛み/機能不全の原因とリスクを見極め、できるだけメスを使わずに最低限の侵襲と運動療法で機能を回復させる運動器治療のこと。本書では運動器疾患を「切らずに」治し、メスを入れる時は「自信を持って」行うために必要な“無刀流整形外科”最新の知見・技術を、運動器治療のエキスパート達が余すところなく伝授します。
詳細カゴに入れる

◇脊椎内視鏡下手術[Web動画付]

脊椎内視鏡下手術[Web動画付]

脊椎内視鏡下手術テキストのゴールドスタンダード
和歌山県立医科大学整形外科学教室では、脊椎内視鏡視下手術を全国に先駆けて導入しており、これまで良好な成績とともに圧倒的な実績を積み重ねている。本書は、これまで当教室で培ってきた経験、知識、技術を余すことなく落とし込んだ内容となっている。各手技については、術中写真に加え、シェーマも並行提示し、ポイントをつかみやすい構成とした。また、主要な手技はWeb動画を付すことで、紙面では伝わりづらい部分の理解も促す。
詳細カゴに入れる

◇消化器ナースのギモン

消化器ナースのギモン

看護師が臨床現場で抱く疑問を集め、医師や看護師など多職種が、それぞれの視点で回答。指示の根拠や看護ケアのエビデンスを知ることで、観察ポイントやコツがわかる。新人ナースの素朴な疑問から、ベテランナースが抱く細かい疑問まで、幅広く網羅。
詳細カゴに入れる

◇技師&ナースのための消化器内視鏡ガイド 改訂第2版

技師&ナースのための消化器内視鏡ガイド 改訂第2版

内視鏡検査・治療で必要な介助・看護のコツを最新の内視鏡情報を加えて解説。内視鏡の洗浄・消毒・滅菌、環境整備、個人防護については感染管理やリスクマネジメントの観点から事例やQ&Aを取り入れた。看護師をはじめ内視鏡スタッフ必携の実践書である。
詳細カゴに入れる

◇精神看護キーワード 多職種間で理解を共有するために知っておきたい119用語

精神看護キーワード 多職種間で理解を共有するために知っておきたい119用語

施設や在宅の場で精神医療福祉に携わる多職種の誰もが活用できる必携書です。
  
看護職者、看護教育者、そして看護職以外の他職種の専門家、非専門家に
も必要な「聞きなれない用語や聞いたことはあるものの正確には理解できてい
ない用語」を、1用語ずつ見開きでわかりやすく解説しています。
特に、知識として知るだけでなく、実践時にはどういう使い方をするか、認識のズレが生じやすい用語の正確な理解を促すように心がけ編集しています。
詳細カゴに入れる